人気ブログランキング |

主催勉強会の前にバタバタと。
結局読み終わらずに本番。
b0052811_2195449.gif

ちょこっと試してみた。
『傾聴』とか。
確かに効果はあったような。

終ってから最後まで読んでみたが・・
今すぐできるファシリテーションは、
今すぐにできないファシリテーション に気がつかせてくれる
良い本だった。

改めて読書録・・作らねば・・。
あ、作ろうと思ってるのにはタグ付けしてこう。


【解説】
「時間のムダ」「何も決まらない」「声の大きい者が勝つ」「落とし所が見えている」。

 会議という言葉から、そんな連想をしませんか? それでは参加者の知恵もやる気も出ず、会議もプロジェクトも非効率で活気のないものになってしまいます。

 ファシリテーションのスキルは、参加者の知恵とやる気を引き出し、成果と満足感をともに得るためのものです。ファシリテーターが議論のプロセスを舵取りすることで、ミーティングやプロジェクトは劇的に改善します。それはチームを変え、ひいては組織を変えることにもつながります。

 しかし、いざ学ぶとなると難しいと感じる人も多いようです。そこで本書では、議論をするための場のデザイン、意見を引き出すための対人関係、議論をかみ合わせるための構造化、意思決定のための合意形成という4つに大別したうえで、具体的な場面ごとに使える35のフレーズを紹介します。すぐに使える、実践的解説書です。
by makoto_nakamu | 2011-04-04 21:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)