人気ブログランキング |

数字を読む

大事なことはマネジメントすることだ。
記録することではない。
記録は第一歩。
そして、それを見て、望むべき方向に導くことだ。
ポイントはどこにあるのか?どうすればいいのか?
考えて、実行することがマネジメントだ。

そして、その示唆を与えて、時に実行の手伝いをすることがコンサルタントの役割だろう。
by makoto_nakamu | 2016-06-29 09:54 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

リア充の誇張

フェイスブック上では少なからず、あるだろう。

誰かが書いてた現状肯定バイアスは、少なからずかかる。
by makoto_nakamu | 2016-06-26 11:25 | Trackback | Comments(0)

暇な時間が増えた。
正確には、「暇だな」と思える心の余裕が生まれた。

”誰かと繋がりたい”という欲求はある。
しかし同時に、”一人でいたい。一人でじっくり物事を考えたい”という欲求もある。
Facebook上の友人が250人を超えると管理ができなくなるという。
2012年の途中からそうなってる。
必要以上の情報が発生してたようだ。
700人になり、それはそれで楽しかったのだが、やりとりをしっかりやってるのは
結局200人くらいで、あとはその場その場でのお付き合いだな。
ただ、友達への情報発信として近況を報告しておくにはいいし、何かと付き合えることは
間違いないので、Facebook自体はやはり素晴らしいと思う。

とは言いつつも、今は時間がない。
プライベートのプライオリティーの第一は「勉強」。
ランニング・トレーニング・スイミングなんかも大事にしたい。
一方で家族と過ごす時間を確保する・・・ためには・・・何かを削るしかない。
ひとまずFacebookを消すことにした。
とはいっても、いきなりというのはきついので、たまにブラウザ越しに見てしまう。

過去は永遠にそこにあるだけ。
変えられるのは、常に自分と未来。そのための今。
少しづつ変わっていってることも感じる。



by makoto_nakamu | 2016-06-26 09:26 | プライベート | Trackback | Comments(0)

消化、昇華、唱歌

第9を聴きながら、安おじちゃんのことをふと思い出した。
「ベートーベンは天才ばい。」
ピアノの調律師をしてたおじさんは音楽への造詣が深かった。
音楽はもちろん、映画、コーヒー、グルメ、読書・・人生を楽しむ術を沢山教えてもらった。
考えてみると、田舎で、貧しいながらも親戚に囲まれ、可愛がられてた親父よりも
よっぽど苦労した人だった。ただ、そんなそぶりは毛ほども見せなかった。
満州で生まれ、坊っちゃんだった時代からおじいちゃんの事業の失敗で極貧の時代に。
九州に流れ着き、調律師から保険屋に。
ある時期まではずっとお金がなかったんじゃないかな。
仕事が軌道に乗り、晩年には自分の会社を持ち、熊本地方で1番大きな会社にまでした。
最期まで現役で、劇的だった。
波瀾万丈。
しかし、常に明るく。
あの閉鎖的な社会の中で自分の居場所を作っていった。

最近、第九が好きだ。
この間クラシックの曲の紹介をしてるテレビで、特集してたことで興味をもった。
横浜の壁面にあるシラーの詩を読み、関連性があることを知り、ご縁を感じ。
カラヤン指揮が無料で聴けることに気がつく。

葬式のことを思い出し、ふと涙が出てきた。
坂を登りながら、人目のないことをいいことに泣いていた。
おじさんが死んでから、1年半。
やっと消化できたのか。
男は、自分の感情に鈍感であり、そうなくては生きていけない。
何かが昇華できたから、涙が出てきたのか。
そういえば、生きていれば今月で75だったのか。
気持ちがひとつ明るくなった。

by makoto_nakamu | 2016-06-12 10:36 | 人生 | Trackback | Comments(0)

昨日を境に、断酒

いい酒が飲めた、昨日。
当面、飲み会の予定もない。
いい機会だから、これを機に試験までは断酒だ。
8月6日、7日。

あと2ヶ月。

by makoto_nakamu | 2016-06-12 10:05 | セルフマネジメント | Trackback | Comments(0)

お祝い

中山さん、森本君のお祝い。
楽しかった・・久々に清々しく、気持ちよかった。

おめでとう。
大変だと思うし、これから先に何が起こるかはわからない。
しかしこの瞬間だけでも決断した、そのことに感動を覚ええない。
森本君はすごい。
「今この瞬間、日本で一番いい男だぜ」ってのは、決して言い過ぎではなかったと思う。
そして、その森本君にそこまで思わせた中山さん。
これもすごい。
やはりアスリートは違うな・・。
身体能力も普通の女子の30代、どうかすると20代なのかもしれない。
自分の子供にも何かスポーツをやらせたい・・・と改めて思った。
女子はまぁ・・考慮するにしても、男子はマストだな。

中山さんと友達になってから、もう5年くらいかぁ。
そこまで濃い感じでもなく、Facebookイベント、ランニングイベント、そして勉強会。
何かと会う機会は多かった。
森本君もその節紹介され・・まさかここまで来るとは。
その間、自分の人生もいろいろあったなぁ。
本当に、他人事ながら嬉しい。
いい酒を飲めた。
俺まで前向きになれた。

by makoto_nakamu | 2016-06-12 09:35 | | Trackback | Comments(0)

挑戦

40代の不安は60代への挑戦に変えた。
家庭、キャリア、出世…希望のない今。
もちろん家庭は素晴らしく、自分を輝かせてくれている。しかし彼ら彼女らを輝かせてあげられてるのか?あげられるのか?に自信が持てなかった。
キャリア、出世。
今いるところから2歩3歩進むのが精々。
そして、それが明るいものには思えない。
本質として、自分を輝かせられるものにも思えない。
家族や周りの友達でしか自分を立証できないし、それが出来れば精々な未来が見えていた。

いいのか?
転職活動を繰り返し、見つけたとこでは今の150%アップ…しかし保証はゼロ。
チャレンジしたい気持ちから、向かおうとするも家族からの逆風。
キャリア、出世はできてもバランスを失うことが明確。

どうする?
身動きがとれず、しかし動き続けた答えが今だ。
もう一度挑戦するしかない。



b0052811_12435634.jpg


by makoto_nakamu | 2016-06-05 12:15 | 勉強 | Trackback | Comments(0)

ワイルドカード

b0052811_08403395.jpg

ストーリーの流れがよくなかったが、全体に撮り方が素晴らしく、面白かった。

ギャンブル依存症・・なるほど。
依存症を克服するのは、まず自分がそうであることを認めること。
こんな簡単に克服できるものではないけれど、それは映画の主題ではないからいいのか。
しかし、そこをちゃんと描かれば、深さが出たような・・。
この人の映画は全般そういうのが多い。

最後に明るかったし、スカッとしたので良しとしよう。


by makoto_nakamu | 2016-06-05 08:46 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

パーカー

普通に面白かった。
ジェイソン・ステイサム固め打ち。
アドレナリン、トランスポーターの人だよな・・確か。

いずれにしろ外れはない。
ジェニファーロペスのキャラクターがもう少し丁寧に描かれていれば
もっと面白かったのだが。
ちょっと雑だった。
いや、そんな簡単に人を殺せないし。
さらにこれから先の破綻も目に見えてるし・・・。
ま、おとぎ話だからいいのか。

あと、〆の画像が・・・なんで安易なんだ・・。
作ってる途中に集中力が切れた感じか。
b0052811_08354161.jpg

by makoto_nakamu | 2016-06-05 08:35 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)