A Good Day to Die Hard

明日が最終出社日だ というときに行ってしまった。
確かに ラストデイ だからいいのか・・・とは今になって思うこと。

今月は映画見てなかったなぁ~ と思い、ググって 見つけた。

b0052811_10103013.jpg


ダイハード 5作目。
前作を劇場で観れなかった後悔から、否が応でも観たくなった。

どんぱちどんぱち。
面白かったぁ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-31 10:16 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

一年間 いろんな勉強をした。
身体を鍛えた。

まずは 経営学の勉強会。
マーケティング・戦略・ファイナンス/会計 の主要3課目。

フィリップ=コトラーの邦訳原著。 興味はあったものの、今まで避けてきた。
何せ 厚い、固い、長い。
しかし 必要に迫られて、手に取る。
内容をプレゼンテーションで発表するために 読み込まねばならない。

戦略論。
雑多な本は沢山読んだが、バーニーの本なんか読んだのは初めてだった。

2つとも 勿論 読み込みが足りない。
あと 会計/ファイナンスについても 勉強が足りない。
ただ 少なくとも そのことに気が付けた。
知らないことを知らない、わからないことをわからない ことに気が付けた。
まずは そこがスタートだ。

そりゃ、世界の天才がしのぎを削って 文字通り 血と汗で
マスターしようとしてることを 凡人が ちょっとやそっとで理解しようなんて
甘い話。
できるわけがない。
そう ちょっとやそっとではできない・・・はるかに もっと血の滲むような努力を繰り返すのだ。

今は出発点。
長い 長い 長い 距離を走るための。
勝つんだ、自分に。
自分の人生に。

金は稼げる。
勉強なんかしなくても。
それなりに。
そう、それなり なんだ。
バイトみたいなものだ。
能力をはねさせたかったら、計算通りにやりたかったら、稼ぎ続けたかったら。
その仕組みを知ることが重要。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-30 11:11 | 人生 | Trackback | Comments(0)

とんび

息子が産まれたタイミングなので、余計に沁みた。

ちょっと雑なところもあったが、それは映画と比べるからであって。
テレビドラマとしてはいい作品だった。

b0052811_6265347.jpg


いい役者だなぁ~。
内野聖陽さん。
プライベートなどなど文句はあるかと思うけど。

NHKのほうもオンデマンにアップされてた。
土日にでも観てみるか。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-28 06:28 | ドラマ・TV | Trackback | Comments(0)

べたな言い方だな。

あの感動が蘇る

燃えるなぁ。
もっと走れる、もっといける、もっとやれる。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-28 04:25 | プライベート | Trackback | Comments(0)

衝動

抑えきれないような衝動が自分の中にあることを感じる。

導くのだ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-20 12:35 | 人生 | Trackback | Comments(0)

機会

グローバルな環境で仕事に挑むということ。

少数精鋭で市場に挑むということ。
トップの真下で働けるということ。

今までとは違う角度で仕事を見る いい機会だとは思う。

しかし・・・。

この大事なタイミング。
もう少し。
必ず来る、そう今は思える。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-20 11:06 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

2月の勉強会 プレゼンのテーマがWebマーケティングだったので、
復習の意味合い込めて 読んでみた。

雑だな・・というのが実感。
この著者の講演を聞いてるし、他の著作も読んでるので 大体の構想・思想は
わかっていた。
だから読めたが、そうでなければ理解に苦しむ。

発展段階のものを一枚の概念図に全てを押し込めようとしてた。
しかし 一面の理解としては 面白かったし、タメにもなった。
b0052811_75795.jpg

プレゼン内容の評価は あまりよろしくなかったが、
それでも出し切ったので 満足だった。
何せ このジャンルに関しては、自分のほうがよく知ってるという自負もあったので。

ただ 言葉こそ評価が低かったが、講義時間が 1.5時間想定がいつの間にか 3時間
と倍になってたのは、それはそれで興味が飛び交ってたからか? などと今更ながら思う。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-16 07:59 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Re-born はじまりの一歩

実家に帰ったときに、本棚にあるのを見つけて。
母からもらったので。

軽そうな本だな とも思い。

いつ読んだのかな?
去年の春?秋?
何か ダラダラ読んでいたな。

b0052811_7495542.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-16 07:50 | 読書 | Trackback | Comments(0)

マラソンでたらめ理論

マラソン前に不安な気持ちをいさめるために、
ランニング関連の本を買い込み。
その中で出会った本。

特別な理論展開というのは 特になく。
始動方法など云々が書かれており。
ちょっとクセがあり、あまり全体的に面白くなかったので
読み止しになった。

ただ今のプロジェクトの課長を思い出しながら 読んでいた。
何だかなぁ。
やはり 指導や教育というのは、根底には 「愛」だ と思えた。

b0052811_7354590.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-16 07:38 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_727518.jpg

ランニングやジョギングに特別な知識は必要ないし、
そんなもので本を読んだり 知識を入れたりするのは馬鹿げてる・・とは
思ってたので、敬遠してた風もあるが、マラソン前に駆け込みで読んでみた。
何せ 初のフルマラソンで緊張もあり。
さらには こういうときが一番吸収できるし という思いもあり。

結果、第一人者の声というのは やはりためになるところも多く。
何か新しいことをやるときには、かっこつけずに 2−3冊は読んでみるものだな と思った。

「自分の持ちコースを増やせ」 というのがよかった。
お陰で 普段のランニングが楽しくなった。

また スピードトレーニングについても。
なるほど 後半何分でもスピードを上げることで効果が上げられるのか。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-03-16 07:32 | 読書 | Trackback | Comments(0)