人気ブログランキング |

今懸案のタスク。

プライベート。

達成率→課題
2月:
3日 新年会企画 :60%→人数管理が大変。あと用意諸々。何とかなりそう。
18日 スノボ企画:20%→チケット調べただけ。企画を立ててない・・
25日 TOEIC勉強会企画:40%
   → 講師の日程は抑えた。あとは場所と予算だ…。

3月:
Linked in勉強会企画:10% → 先ずは3日過ぎてから。

何れもギリギリの予算とNOアイディアの中から
立ち上げていかねばならず。

更に、ビジネスも来期を見越した動きが求められて、
あぁ。重なる時には重なります。。。
by makoto_nakamu | 2012-01-29 22:15 | セルフマネジメント | Trackback | Comments(0)

昨夜の一杯

b0052811_17412799.jpg


少し詰め込み過ぎた・・というより、頭を使うことがすっごい多かった
ここ最近。
仕事でもヘビーに使わねばならず。
と、同時に、
・私的な勉強会 資料作成
・TOEICの勉強(模試)
・新年会 
を検討せねばならず。
来週ある新年会が終わったら、とりあえずそれ程大規模なものは無い。
あ、スノボか。
ま、これは新幹線のチケットどこで買うか?とどこ行くか?ってくらいだろ。

模試の帰り道。
さすがにヘトヘト。
大好物のB級を、と 豚骨ラーメンを ビールとともに堪能。
土曜日には休みが多い焼鳥屋。
”開いてるかなぁ”と期待しつつ帰ってきたところ…開いてたぁ〜♪
ほっと一息。
幸せな気持ち。

すっきり熱燗2杯引っ掛けて。
心地よく帰宅。
by makoto_nakamu | 2012-01-29 19:29 | | Trackback | Comments(0)

今週のプランニング

今週は 木曜日にチカサンの設立記念パーティーがあり、
金曜日に自分達の 新年会&節分パーティー だ。
えっらい人数になってるが、何とか乗り切るしかないし。

前半でトレーニング&ランニングなどは行っていくしかないな。
by makoto_nakamu | 2012-01-29 16:31 | プライベート | Trackback | Comments(0)

最近体調を崩したのと忙しいのが重なり、トレーニングもRUNも出来ずじまい。
ここでがっつり取り返していこうと思い、今日は張り切ってた。
ちょっと起きるのが遅くなり、出発しようとしたところ…
「パパどこ行くの?」
「は(しりにいこうとしてる…と言えず…)…はは、公園行く?」
「うん!」

…これでいいのだ。

まだいろんなことに慣れておらず、トレーニングやRUNを行う際には、
他へのパワー・エネルギーの振り分けが難しい。
モチベーションを保ってくのも。
そんな中に、友人らと一緒に行動するのはとても有意義だ。
朝、ほんとに行こうと思えてたら、そもそももっと早起きしてただろう。
更に行動も迅速だったはずだ。
だが、それは出来なかった。
子供のことは言い訳だ。チンタラしてた結果がそうなっただけだ。
とにかく眠い、だるい、しんどい…そんな気持ちが先に立ってしまった。
by makoto_nakamu | 2012-01-29 16:25 | セルフマネジメント | Trackback | Comments(0)

なるほど Facebook

Facebookについて思うこと

リンクドインがこっから普及すれば、Facebookも自ずと生き残っていくんだろうな。
そう思わせられた。
棲み分け、それが一番大事。

SNSは人間関係を表出するものだが、人には裏表・公私の側面がそれぞれ存在する。
公の表の部分と、私の表の部分がそこでは表現されることになるのだろう。
by makoto_nakamu | 2012-01-22 20:51 | WEB next | Trackback | Comments(0)

ここらが正念場

「頑張ります」は最近の幼児教育では言わせてはいけない言葉らしく。
うちの母は保育士だったので、よくぼやいていた。
「でも、人間、頑張る以外出来ることってなくない?」と。

”時代の風潮だなぁ〜”と何気に聞いてたし、
「頑張らせない」というその心もわからないでもなかった。
また東北の震災被害地の方々が「もう頑張れない」とおっしゃってたのは、
”確かにそうだよな・・”と。

ただ昨夜、思った。
誕生日メッセージをいただいた方々への返信を書いてるときに
出て来た言葉は、「頑張ります」だった。
素直な気持ちであり、それ以外の言葉には虚飾を感じた。
今以上の自分でいたいと思ったとき、自分以上の力を発揮しようとするとき、
やっぱ 「頑張る」しかない。

東北の震災、僕は何もできなかった。
ヒーロー気取りで誰かを助けるよりも、目の前の仕事を大事にしていくことが
大切だと思い、それを成功させることに従事した。
与えられる余裕がある人間は与えれば良い。
その余裕が無い人間は、ただひたすら自分の使命を為すべきだ、と思い、
そうしてる。

好きな言葉でもないけれど、
やっぱやるときゃやらなきゃいけないのでしょう。
人生ここらが踏ん張りどころ。
今歳はいっぱい汗かいて、ベソかいて、「頑張ろう」。
by makoto_nakamu | 2012-01-22 17:57 | 人生 | Trackback | Comments(0)

現在行ってるプロジェクトのタイトルとして、上がってる『ロングテール』。
改めて読んでみたが、非常に刺激的な内容だった。
出版されてから5年以上経ってるが、今こそ日本の大企業に勤める人間は読んだ方が
いいかも知れない。成熟したマーケットで生きるには、そこを狙うしかない。
b0052811_151991.jpg

[内容]
ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略
インターネット小売市場の特性を表した言葉「ロングテール」を提唱した米IT誌『ワイアード』の編集長が、ロングテールが経済に与える影響を解説した一冊。
音楽配信などのネットの小売市場では、販売数が少なくて通常店舗で扱えないようなニッチ商品でも確実に売れる現象が起こっている。商品を売上高の順に並べた棒グラフを作ると、ニッチ商品の売り上げが恐竜の尾のように延々と続く。この長く伸びた部分、すなわちロングテールは、売れ筋商品に匹敵する大きな市場であり、ITにより商品管理や流通コストを限りなくゼロに近づけたことでビジネスとして成立するようになった。ネット上では、商品の流通や消費、そして生産の形態までが従来の経済とは大きく変わると筆者は説く。

センセーショナルな内容だけに、出版後は各方面で議論が巻き起こった。例えば「ネット小売店の商品の98%は、3カ月に一度は売れる」という「98%の法則」に反論が出たが、この法則の趣旨は数字そのものではない。訴えたいのは、大衆を狙った少数のヒット商品だけでなく、ターゲットを絞り込んだ商品でもビジネスが成立するという、経済の変化である。
by makoto_nakamu | 2012-01-22 15:03 | 読書 | Trackback | Comments(0)

個人と組織

日本企業の旧さ。

メリット:
まだまだ緩やか。
いる人間にとっては心地よい。
仲間意識
必然、高いローヤリティ

デメリット:
反対意見を出しにくい
動きが鈍い
社内の文脈を読めない、若い意見は通りにくい
なぁなぁ。政治で物事が決まってしまう。
ローヤリティにしばられてしまう。

一応、社会では最先端と思われるIT企業で働きながら、
何だかなぁ〜と思うこともしばしば。

理想的なのは、
 ・己を鍛えて、いつでも独りで戦っていける能力を磨きつつ
 ・会社という大きな組織を活用して、独りでは出来ないような
  大きな仕事をしていくこと
だと思って、精進して来た。
しかし それも見返りが少ないことにイヤという程気がつかされる。
所詮、個人と組織では持ってる文脈が違い過ぎる。
個人で戦うために求められる能力と 組織で戦うために求められる能力は、
その向き不向きが真逆くらい違う。
by makoto_nakamu | 2012-01-22 10:51 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

やっと読了。
年末にスタバで手帳術の本と一緒に読んでたときからだから
半月近くかかったのかな。

目的を明確にきってあるところは良かった。
なるほど。

さて、資料に落とし込んでみるか。
その過程で、もっと理解できるでしょう。

b0052811_21204139.jpg

by makoto_nakamu | 2012-01-17 21:20 | 読書 | Trackback | Comments(0)

会社の上司が貸してくれたので読んでみた。

為になった。
○目標は、状況がそろったら叶うもの。
自分の考え方にぴったり来た。
なるほど。
出来るものは準備、それだけだ。
チャンスを逃さないように。
b0052811_21171230.jpg

by makoto_nakamu | 2012-01-17 21:17 | 読書 | Trackback | Comments(0)