人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

死神の精度

爽やかだったなぁ~ 予想に反して。
雑本は読まないと決めたが、『消費』としての読書はしようと思い。
下手なビジネス本よりもこういうもののほうがタメになるような気がする。

現代の感性を手に入れるってこと考えると。
b0052811_22584297.jpg

◆STORY◆
「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。
by makoto_nakamu | 2011-01-30 23:00 | 読書 | Trackback | Comments(0)

秀英体100

銀座の大日本印刷(DNP)のイベントスペースで開催されてるのを見つけて、
行ってみた。
b0052811_1825388.jpg

この催しはいけてんなぁ~と思った。
普段仕事ではフォントを定型化して粗末に扱ってるだけに、その美しさ を
感じることで満たされる喜びというものはあるものだ。

春 を 日本語とデンマーク語とで作ってる作品は印象的だった。
また 秋 をイメージして、月に似せて字で描いてるものも。

1階には、秀英体を使った アーティスティックなイメージが。
地下1階には、秀英体の歴史や過去に使われたポスターなどが飾ってあった。
b0052811_18191983.jpg

最近美術館に行ってないなぁ。
芸術を感じてないなぁ。

ある朝、起きたときにふと思った。
同時に、自分が行きたい方向に向かってなかったことに気がついた。
そうだ、アートを志向しながらアートに触れてないってのは
本屋が本を仕入れてないのと、
レストランが食材を仕入れてないのと、
商社が人を雇わないのと一緒だ と気がついた。

そもそも感性が売りだったのに、それが劣化してる・・・
ということで、どっか行かなきゃと思ってるところで見つけた。
金曜は19時までということだったので終業後に速攻。
正解。
そうそう、こういうことが今の俺には必要なんだなぁと感じた。

帰りに、家族へのお土産でMannekenのワッフルを買い。
初めて買ったが、これ、営業のときにお客さんとこへお土産にするのにいいかもと思った。
値段も手頃だし、手軽に食べれそうだし、何より美味しいし。
b0052811_18445849.jpg

と、ついでにこれどこがやってんだ?と調べてみた。
株式会社ローゼン ってとこがやってるらしい。
何と、あの銀座の象徴的な場所にありながら大阪の会社。
それも江坂って、大阪でも外れのほうにある!俺の初めて勤めた会社があったとこだ。
どこにあったんだろうなぁ。
by makoto_nakamu | 2011-01-29 18:25 | 絵・コンサート | Trackback | Comments(0)

b0052811_8525760.jpg

同社としては初めてだそうだ。
今後の動き期待。

売れ行きよければ、同じ手法とるだろうし。

ユーザーインサイトを汲み取るのは難しい。
しかし比較的小企業であれば、目の前の顧客満足なしには事業が成り立たないのだから、何とかする。
こういった大企業が手を出すということは、そのマーケットが見逃せなくなってる+インサイトを反映させる仕組みが作りやすくなってるからだろう。

さてさて
どうなることか。
by makoto_nakamu | 2011-01-28 08:52 | Trackback | Comments(0)

有酸素 有酸素 有酸素

肩の痛みが出て、はや2週間経過。
一応大事をとって、トレーナーをつけてのトレーニングを再開するまでは
軽い有酸素運動のみ。
2時間、ひたすらウォーキング。
今週TOEICの試験があるので英語の勉強しながら。

つまんねぇ~
by makoto_nakamu | 2011-01-27 23:41 | トレーニング | Trackback | Comments(0)

さぁいよいよ本格的に次の場所への旅立ちの準備。

リクルーティングの方と面談。
「もし自分が会社の社長だったとしたら、ご自分を雇いますか?」の質問。

即答。「Yes」
はっきり言って、今の俺は『買い』だなと思えた。
正直にまんま答えが出た。
1 やる気満々 モチベーション高し
2 抑制が効いてる(普段酒飲まないし)
3 体力十分 普段のトレーニング と 十年来の病気からの回復 めっさ健康♪
4 ビジネスの基礎知識が高い しっかりとした知識を持ち合わせている
 =業界ごとの上積みの知識への対応が早い。
5 様々な会社での業界経験・営業経験
6 豊富な人脈
7 日常の行動 情報収集がフローになってる=常時市況を把握
8 英会話能力
9 PCスキル
さっくり考えても、ここらは使えそうだ。
要は基礎能力が高い。成長余力がめっちゃある というか、どこいっても
スグにある程度のパフォーマンスは上がる。
これらがとて~もリーズナブル。


「では(自分に)どういうことをやらしてみたいです?」

「営業マネージャーですね。 何人か、部下を持たして数字上げさせる。
 もし上げなくても、営業としてやってけるだろうから雇ってもリスクが無い」と。
これにもスグに答えが出てきた。

あぁなるほど。
しかし俺がやりたいことって何だ?と考えたとき。
今までの経験を生かして、マーケティング・企画 営業企画の仕事がやってみたい。
web・メディア・セールス 諸々全て使った、
セールスフロー・モノが売れるフローを考えて実行したい・・・そんなことだ。
それらを最初の質問に戻って、考えてみた。

「もし自分が会社の社長だったとしたら、『マーケティング』としてご自分を雇いますか?」
・・・雇わないかも。
リスクが高すぎる。未知数で。

「では(自分に)どういうことをやらしてみたいです?」
やっぱ営業に回すかな・・そっちのほうが直接お金稼いでくれるから。

う・・・ん・・・しかし、もし営業として動かしてる間の行動で面白いこと考えてる、
提案できるってことがわかってきたら、試しにマーケティングとかで使ってみるかな。

俺にある本当の強みって、
「面白いこと考えられる」ってこと と 何かやってると、僥倖に恵まれてるってことなんだよなぁ・・・
自然といろんな情報が集まってきて。
それで人生切り開いてきたし。
結果どういうことが起こったのかは言えても、こんなの説明できねぇし。
「たまたま」とか
「偶然」とか

・・・
by makoto_nakamu | 2011-01-26 23:45 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

超人脈術

b0052811_2341324.jpg

by makoto_nakamu | 2011-01-25 23:41 | 読みたい本 | Trackback | Comments(0)

新年会2011 Party!

楽しかったなぁ。
シンプルに、人を集めて皆で飲むのは楽しいものだ。
企画はしてるが目的は集まって飲むことだから、参加者がちゃんと来れば
それで成功。
あとはご自由に。
強いていえば、皆が楽しい思いを共有することかな。

個人的には。
俺は、今仕事が面白くないので次の場所を求めてもがいてる。
その中で誰かと知り合い、それにより道・運が開けるかも・・とそんなことはなく。
ただこういう苦しいときほど前に出なくちゃなとは思った。
あれだけの人数の前に立ち、自分を出して話をするのは非常にいい機会だ。
最近は特に自分を出すことなく、自分を売ることなく、過ごしてるので特に。

元気もらったなぁ~♪
参加していただいた方、ありがとうございました。
by makoto_nakamu | 2011-01-23 19:20 | イベント | Trackback | Comments(0)

Subway123

アクションが見たかったので借りてみた。

STORYは・・ありきたりだな。
ただ撮り方がかっこいいなぁ~。
音と絵にしびれるわ。

トニー・スコット監督作品 だった。『TOP GUN』の監督だ。
トップガンをもう一度見たいなぁと思ってたときでもあったし、
ちょうどよかった。

さすがSONY Pictures 至るところにSONY製品が使われてた。
b0052811_19111587.jpg


◆ストーリー
1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されたジョン・ゴーディのベストセラーを、トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントンが4度目のコンビで再映画化。冷徹な犯人グループのリーダー役でジョン・トラボルタが共演。ニューヨークの地下鉄ペラム123号が乗っ取られ、犯人グループは乗客を人質に身代金1000万ドルを要求。地下鉄運行指令室に勤務するガーバーは、犯人からの無線を受けたことから、そのまま交渉役を務めることになり……。

◆キャスト・スタッフ
キャスト:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ラモン・ロドリゲス、ジェームズ・ガンドルフィーニ
監督:トニー・スコット
製作:トッド・ブラック、トニー・スコット、ジェイソン・ブルメンタル、スティーブ・ティッシュ
製作総指揮:バリー・ウォルドマン、マイケル・コスティガン、ライアン・カバノー
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:トビアス・シュリッスラー
美術:クリス・シーガーズ
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
by makoto_nakamu | 2011-01-23 19:13 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

人間関係そのものがリスクなのだから。

国の外交は、その国力を背景に力と力の折衝になる。
恋愛は、その人自身を賭けての戦いだ。男と女もイーブン。
ビジネスにしても全ては人間関係で回っていく。

どんどんとそのリスクを取らない、取れない人が増えていくのだろう。
そこから切り開かれることがあるのがますますわかりづらくなるのだろう。
いや、どちらかというとそこからしか人生は切り開かれないと思う。
by makoto_nakamu | 2011-01-23 08:59 | イベント | Trackback | Comments(0)

大枠でモノゴトを捉えたい、考えたいってときにはよいのではないだろうか。
昨年から読み残していたので、一気に読んだ。

現状についてサラッと。
クラウドとは?その環境形成について、今世の中がどう動いていってるのか。
クラウドコンピューティングの進行。
事業者としての立場としての意見。
国家として取り組むべきだとの提言。

何だか思想書にも似たふうだが、一度書かれていることを自分なりに
ブレークダウンしておこう。
角川メディアミックスにやられた世代だけに、その影響は受けやすい。苦笑
b0052811_637928.jpg


内容紹介
情報の発信と消費を担う「大衆による巨大知」が社会を動かす「クール革命」が今まさに始まろうとしている。かたやポストWeb2.0の技術革新が水面下で着々と進行し、急速なITの進歩と情報環境の変化が「知」のグローバリゼーションを加速する現代。アメリカで本格化的に広がりつつある「クラウド・コンピューティング」はその究極の姿であり、追随する日本でも、2014年にはメディアや産業構造の大激変が起こることを予測する著者。
本書は、鋭敏な感性や豊かな事業構想力を持つ経営者やビジネスマン、クリエイター達に向けて、激変時代を生き抜く道を示した覚醒の未来予測書である。
Web KADOKAWA(http://www.kadokawa.co.jp/)で2010年3月1日より期間限定全文無料公開中!!
●角川グループとYoutubeの業務提携の意味
●「知」のグローバリゼーションが世界平和を生む
●アメリカの情報植民地の危機に立つ日本
●国家プロジェクトで日本オリジナルのクラウド基盤の構築を 等

内容(「BOOK」データベースより)
今や急速なITの進歩と情報環境の変化が「知」のグローバリゼーションを加速する。その集大成「クラウド・コンピューティング」によって、2014年に日本の産業構造は大激変するだろう。その中で「ガンダム」を筆頭に世界で歓迎される日本のポップカルチャーなど、「クール」「かっこいい」と大衆に賞賛されるモノや出来事が社会を変革し始めている。これが“クール革命”だ。本書は情報産業最前線に立つ著者が、激変する現代を“クール革命”の力で生き抜く道を、模索し確信に至った覚醒の書である。
by makoto_nakamu | 2011-01-18 06:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)