人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

初対面の教科書

b0052811_4383560.jpg


この本を読んだ最大の成果は、実は自分が初対面が苦手だという事がわかったことだ。

人と初めて会う時には、緊張してしまうので相手のことを意識しないようにしてた。
営業ズレして、何か一回一回の出逢いをないがしろにしてるのは感じていたが、矯正もできずにそのままこの何年かを過ごしていたように思える。

相手へのリスペクト。興味。
事前の情報収集。

そうだよなぁ。

次から次に襲ってくる現実ってのはあるから、全ては無理にしても実行できるところから改善してこう。
by makoto_nakamu | 2009-03-31 04:44 | 読書 | Trackback | Comments(0)

男にとって最高の時は

必死に戦い 疲れはて その戦の場に横たわっている時だ --- 勝利の後に。
by makoto_nakamu | 2009-03-31 04:28 | 人生 | Trackback | Comments(0)

また借りて見てしまった。

どうしても最後のシーンが見たくて。

あれこそが最高だ。
30年来やった自分のチームが強くなると、そには留まることもなく、新しいチームに移る。
「諸君、来シーズンはラインの向こうで会おう」って。

改めて観て、最後のゲーム前のコーチからの言葉にも涙が止まらなかった。
「お前らの横の奴の顔を見ろ。
 そいつの目を見ろ。
 皆、勝利のために命を投げ出す。
 1ヤード進むためにチームのために犠牲になる。
 その時が来たら、また自分もそうすることを知ってるからだ。」
「…熱く死ね」
そしてゲーム後。
勝利の後にQBと話をしながら、
「ゲームは毎週ある。
 勝つこともあり、負けることもある。
 だが負けた時にも男らしくいろ。」
「…30年前に一緒にやった優秀なプレイヤーにこの間ばったり会ったよ。
 そいつは言ってた。
 ”何も振り返りもしないし、惜しくも無い。
  ただあの時に栄光を共にした仲間の顔だけを思い出す”と。」
 
確かにベタな映画なんだろう。
けど俺は奮えた。
それが全てだ。
by makoto_nakamu | 2009-03-29 09:53 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

「サービス」の常識

b0052811_858482.jpg

この方の本は固め打ちしたいな。
かなり著作があるようだが、多分メソッドはそんなに種類も無いと思う。
同じ型を説明してるだけだろう。
だが、その型の項目などがやたらと細かすぎて一度読んだだけでは理解しづらい。
しかし一度マスターできれば大きな力になると思えたし、
データベース作ってくときの項目作りに使えそうな気がした。

今まで自分が捉えてた違和感が多少なりと和らいだ。
何がそれを感じさせていたかというと『画一的なCS調査』に対して、だ。

マーケティングではある程度、これとこれは知っておかなければというような定石はある。
イロハみたいなもんだ。
ただそこに留まれるほど現実は甘くなく、何度も使い、試し、研ぎ澄ませていき、
初めて使い物になっていく。
しかし実際の現場においては、人にもよるが、少しかじったところでいい気になって
言葉遊びに終始してることのほうが多い。

だからか知らないが、CS調査とかに関してはその言葉通りに「満足度」を知り、
”あぁこんな満足感があるのか”と埒もない事項を探った気になり、
終わってることが何と多いことか。

マーケティングの真骨頂は、事象に言葉を与え、認識することで扱いやすくし、
さらにそれを組み立てなおし、有効化していくことにあると思える。
所詮結果が全てだから上手くいけばそれが最善の策ではあるけれど
凡人でもある程度の成果を挙げていくためにもそれはある。

この顧客不満足度調査は、裏から事象を見る。
そこには有効な材料が沢山含まれていることだろう。
真の意味でマーケティングを行うためにはその事前の調査が明暗をわけることになるだろうし、
それを作り上げるのに間違ったことを行えば当然間違った結果しか導き出さないだろう。
今自分がやろうとしていることに非常に役に立っていくように思えた。
by makoto_nakamu | 2009-03-29 09:16 | 読書 | Trackback | Comments(0)

上杉謙信

家にあったので読んでみた。

誕生日が一緒だし、最近は直江兼続なんかで注目されてもいるしなぁと。
b0052811_8191696.jpg
吉川栄治なんて読むのは久しぶりだったが、二日酔いで頭も痛かったので寝ながら、休みながら読んでた。1巻でもあったしサラッと読めた。

川中島第四戦目が主な内容であり、題名は謙信としつつも武田信玄が大きく描かれていた。
人物についてもあっさりと書いてはあったが、深い洞察その優れた描写に感動を覚え、何かしら影響を受けてるのだろう。
戦のシーンには血が滾った。
by makoto_nakamu | 2009-03-29 08:26 | 読書 | Trackback | Comments(0)

<観了>ハンコック

ハンコック

疲れてんのかなぁ。
こういう単純なのが面白い。

寂しいと酒を飲むのかなぁ。
じゃ、俺は寂しいと思ってるのかな。
by makoto_nakamu | 2009-03-22 05:36 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

COURRiER Japon

b0052811_5123570.jpg
コンビニで村上春樹のあの演説全文が載ってると見て、
久しぶりに買ってみた。

「常に卵のそばに」



勇気のある人が好きだ。
自分がそうでないからだろう。
そうありたいと思う。

もう、そうなきゃいけなくもなってる。

偶偶会えたので母に上げた。
by makoto_nakamu | 2009-03-22 05:14 | 読書 | Trackback | Comments(0)