人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧

映画とは

20世紀に大きな発展を遂げた表現手段であり、映画は今や芸術と呼ぶべき水準に達している。また、古来からの芸術である絵画、彫刻、音楽、文学、舞踊、演劇、建築と並び称され「第八芸術」ともしばしば呼ばれる。
(Wikipediaより)

日常に接することができる芸術とでも言うべきであろうか?
by makoto_nakamu | 2007-03-31 19:31 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

今月見た映画

GOAL2  5月末~
http://www.goalthemovie.jp/

イノセントワールド 天下無賊 4月28日~ 渋谷Q-AXシネマ
http://www.official.cine-tre.com/innocentworld/

ツォツィ
4月18日~ 東宝シネマ 六本木ヒルズ
http://www.tsotsi-movie.com/

吉祥天女
6月~ 渋谷Q-AXシネマ
http://www.kisshohtennyo.jp/

主人公は僕だった
5月19日~ 日比谷みゆき座他 東宝系
http://www.sonypictures.jp/movies/strangerthanfiction/index.html

恋愛睡眠のすすめ
GW~ シネライズ
http://renaisuimin.com


ほとんどがGWからの公開になりそうだ。
それまで俺は頭の中では先行している。少なくともこれらの作品を嗜好しているような人よりも。この作品が公開されたときにはより先に進んでいることができるのだ。
だから何だ?
いや、特別というより全然大したことではないがそう考えるとできることがありそうだな、と。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 19:15 | 映画・音楽 | Trackback(2) | Comments(0)

勉強会

昨年からSNS繋がりで勉強会に参加させてもらっている。
12回目8月24日の回から参加している。
刺激がないと詰まらなくなってしまうのだろう。
8月21日に帰ってから、かな。

逆に12月からは行かなくなり・・。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 18:28 | ふっと | Trackback(1) | Comments(0)

b0052811_1520867.jpg
なかなかに面白い。
ミクシーで山ちゃんが取り上げていたのを見て、"読んでみようかなぁ”とか思ってたら書店にあたのでふと買ってみた。
読むだけでやる気がでてくるような内容であり、それはためになる。
何といっても酔っ払って読んでいても刺激を受けて覚えているのだから大したものだ。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 15:20 | 読書 | Trackback(3) | Comments(0)

b0052811_1715983.jpg

単行本(ソフトカバー): 180ページ
出版社: 東洋経済新報社 (2006/12/1)

面白い部分はたくさんあった。
勿論これ全部できるわけちゃうけど読書録のとり方と本を使っての自己投資ということはためになるとこがあった。

総じてただ『高い』とは感じた。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 15:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_1523458.jpg”かってぇ~”と思った本ではあったが仕事ってのはこんなもんだなぁと見直させてもらった本でもあった。

新しいモノを作ろうと必死で頑張った今年度。
成果は・・・乏しかった。
これからも期待できそうにない展開だったのでいいところで抜けられてよかった。
ここから更なるステップアップを目指していくが、そんな中で出会った本としてはいい本なのだろう。

とにもかくにもオンオフに限らずに『ビジネスマンたるもの時間に対しては厳しさをもって』ってのが一番響いた。
ルーズになっていた自分の生活を振り返り、反省させられた。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 15:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)

恋愛睡眠のすすめ

見たのをあっさり忘れてしまうくらい・・いい作品なのかも知れない。
メルヘンに満ちていて。

子供の頃であれば誰もが一度はやったことがあるのではなかろうか?
好きな人と夢の中で出逢い結ばれる感じ。

by makoto_nakamu | 2007-03-31 12:09 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

TSOTSI

ツォツィ
このどうしようもない感覚は何だろうか?
魂の再生。
その言葉が大仰でもなく、ぴったり来る映画だった。

素晴らしい。
音楽がまたその素晴らしさを助長する。
南アフリカのHIPHOP、「クワイト」ミュージック。
アーティストも映画に出演していた。

『狗咬狗』を観てからずっと心にあった何か引っ掛かりのようなものが、この映画を観たことで氷解したような気がした。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 10:01 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

b0052811_910424.jpg
ためになった。
・・・ってより、自信がついた。俺の考え方って間違っては無いなと。
ただこの間の下着屋のおねぇちゃんが言ってた「他人の話やビジネス書を鵜呑みにすんな」ってのは至言で。
これは一般的に受け入れられ易い型としてのセールストークであり、こっからはもう一段階上を目指していくのであれば『守破離』だ。
一度は受け入れて考えてみて、それを発展させ、それを独り立ちさせていくことが大切なんだ。
by makoto_nakamu | 2007-03-31 09:11 | 読書 | Trackback | Comments(0)

やばい情報収集術 読後

ヤバい情報収集術 (単行本(ソフトカバー))
う~ん
・G-MAILのこと
・カレンダーのこと
参考になった。
しかしその程度。
これは高いな。
by makoto_nakamu | 2007-03-30 08:12 | 読書 | Trackback | Comments(0)