シャトー・コンテ・セギュール・プレスティージュ 2014年 フランス ボルドー

1/23@lievre
息子の助言に従い、嫁にバラを。
雪が降った翌日。
思えば、この週はよくワインを飲んだものだ。
b0052811_16585438.jpg
@¥500
相場:¥1,500

【特徴】
Concours International des Vins a Lyon リヨン国際ワインコンクール 金メダル受賞
偉大な三ツ星レストラン「ポール・ボキューズ」、ブレスの鶏…美食の都として知られる フランス第二の都市リヨンで2010年より開催されるようになった国際ワインコンクールです。 リヨンソムリエ協会、リヨンシェフ(料理長)協会と共同で運営されており、 第一回目から19カ国以上、2400点あまりのエントリーがありました。

このシャトーは、長い歴史を持つシャトーで、昔はシャトー・ラ・サラルグの名で知られていました。 しかし1972年の危機(この年はブドウ造りが非常に困難な年でした)の後、親戚筋の畑を統合し、一つの大きなシャトーに再編しました。 その時名前が「コント・セギュール」となりました。 畑は極力自然に近い状態で運営され(リュット・レゾネ)、ブドウ畑の表土は常に背丈の短い雑草に覆われてふかふかしています。


[PR]
トラックバックURL : https://makoton.exblog.jp/tb/28070110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by makoto_nakamu | 2018-02-04 10:21 | ワイン | Trackback | Comments(0)