コンセプトワーク

『イノベーションの本質』 (野中郁次郎 勝見明 共著)で近年稀に見るヒットを飛ばしたサントリーDAKARAを開発するまでのストーリーを読んだ。
その中で徹底的にコンセプトにこだわること。コンセプトが出来上がるまでは絶対に先に進まなかったことが描かれていた。
その他にも興味深いことは書かれていたが、このことに一番考えさせられ興味を覚えた。
『コンセプトワーク』
とかく企業では目先の利益に左右されてこの部分に関しては軽視されがちだ。
まぁ当然といえば当然だが。
しかしこの部分でブレを作らないというのは商品開発においてはかなり大事なことだというのを改めて認識した。多額の投資をして商品を開発してその商品が長生きしてくれれば結局ペイするのだからそういった意味でもそこに時間をかけるのは間違いではない。

同じくサントリーで『伊右衛門』が今年は大ブレイクした。
http://www.suntory.co.jp/news/2004/8647.html
こちらの勝因を俺の現在のチームリーダーは
「販売チャネルをセブンイレブンに注力していったことだ」と言っていた。
確かにそれはそれでかなり有効な要素には違いない。だが、ここでもう一度検証してみたい。
すごいヒットだった。コンビ二で欠品が続出するという状態が猛暑も手伝って連続した。
今はそんなこともなく普通に置いてあるもののそのインパクトは凄かった。
俺も一度買ってみたが、正直別段の違いを感じることはできなかった。
”お茶じゃん”だ。
そこから何故あれほどのヒットをしたのか?を考えると俺はネーミングの妙ではなかろうか?と考えた。
近年日本経済が衰退の兆しを見せ始めて、日本全体に自信の無さが翳り始めた。
そんな中でジャポニズムというのか和というのかそういったものの神秘性を尊びたい傾向というのが出てきていたのではなかろうか?そしてそれを狙い撃ちにしたサントリーが勝利したということではなかろうか?と。
あくまで推測の域を出ないがDAKARAにおける商品開発の経緯を見ても確かだろう。

これからの時代性を考察することと同時に徹底的に現場にこだわること。
そこから導き出される答えに素直になること。
はっきりいってこれくらいのことしか俺がそこから学べる、共感できることはない。
まだあるはずではあるが自分の能力の不足が恨めしい。
[PR]
by makoto_nakamu | 2004-12-28 07:02 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

日本における知の伝統

まとまって紹介され広く知られているような偉大な哲学伝統は日本には一つもない。そしてデカルトのような合理論は日本の思想にはほとんど見ることはできない。しかし日本にも、仏教、儒教、西洋の哲学思想からの影響を受けながら形成されてきた「知」の伝統がある。それは「主客一体」「新進一如」自他統一」という三つの特徴を持っている。これかの特徴が、日本的知識感の基礎と日本的経営の方法になっているのである。
野中郁次郎+竹内弘高著 『知識創造企業』より 
[PR]
by makoto_nakamu | 2004-12-06 12:03 | 備忘録 | Trackback | Comments(0)

商機

なるほど下らないことではあるが、『ズレ』英語的に『タイムラグ』でもいいけど。

一週間前の時点でサイバーエージェント藤田さんは
「サーバーレスポンスの早いサイトが勝ち残る」
と堀江さんに言われて気がついている。

十年以上前に野中教授は知識経営についての本を書いている。

教授ではなくてもいいが、同じビジネスマンとして同時代に生きながらそのことには気がつけなかった自分がうらめしい。
プロジェクト撤退は構わない。
しかしそのことに気が付いていたか?即ちそこにあった商機に気が付いていたか?ということは十分に反省の余地はある。

それがキーワードだったのだ。
まぁ遅いけど
[PR]
by makoto_nakamu | 2004-12-02 17:19 | Trackback | Comments(0)

野中郁二郎の本を読んでいた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757121105/249-7899938-9453946#product-details
以前に野中教授の本は『アメリカ海兵隊』という本を読んでいたことがあったが、かの有名なSECIモデルについて直接に書かれている本を読んだのは初めてだった。

野中さんの本は以前に転職の面接で
「読書が趣味と書いてありますが最近読んだ本は?」
と聞かれ”インパクトのある答えがいいだろう”と適当に
「(本当は世界史の本だったのだが)P・F・ドラッガーの『ポスト資本主義』です。」
と答えた。その前の年の秋に読んでいて、実際にかなり刺激的だった記憶があったので出てきた答えだったのだが、その場で
「あぁ~ドラッガーねぇ~。あの人ありがたがってんの日本人だけなんだよねぇ」ぐらいのことを言われた。
かなりカチンときてて、面接が終わった後に
「先ほどはドラッガーはあかんみたいなことをおっしゃってましたが、参考までに他にイイ人がいたら教えて下さい」
と言って出てきた。
後日その会社に就職することになり、その人が教えてくれたのだが、
「ドラッガーが師事してるといわれている人が日本人でいて、その人が野中教授だ」
と聞いた。

それから”読もう読もう”としていたが、時間もなくなおざりになっていた。
引っ越してから図書館が近所にあり、そこで借りてやっと読むことができるようになった。

最初の方を読んでいてかんなり興奮した。
やはり頭がいい人というのはそれを『形式知』に変えてくれるのであろう俺が考えていたことがそのまま書いてあり、更にはそこか先を教えてくれる本だった。
ドラッカーの本では最初に読んだ『ポスト資本主義』こそ興奮したもののその後に読んだ『ネクストソサエティー』だとか他の本はその底辺が、当たり前かも知れないが、全部一緒のテーマであり、あまり興味を覚えなかった。はっきり言って飽きた。
だが今回は書いている人が同じ現代の日本人であり同時代の感性故か、俺が疑問に感じていたことをどんぴしゃで教えてくれた。
後半は他者が書いていてかんなり眠たいが、知らないことばかりであり、その点では面白い。
[PR]
by makoto_nakamu | 2004-12-02 15:45 | Trackback(1) | Comments(0)