b0052811_11385312.jpg


平野さんがブログで紹介されていたんで何となく読んでみた。
特別起業する意図とかもない現況においてあまり響くものもなかったが、『起業家』『職人』『マネージャー』というキーワードで説明してたのはわかりやすかった。
確かにプレーヤーのままではいけないよなぁと。
生真面目なタイプが最も陥りやすい間違いだろう。

起業してる友人のことを考えながら読んだ。
彼はまだ自営業の段階であり、一人でほぼ全てを行ってる。
しかしこの本に出てくるように必ずや成長に伴う問題に見舞われるだろうなと。
職人でいたければ組織に属して働いていくしかない。

本の中でパイ職人の主人公が独立して最初は楽しかったが、そのうちに事業に追いかけ回されて夜も寝れなくなり、経理などで人を雇いその仕事を分担することで事業を大きくする。しかししばらくしてその人に逃げられてしまったために、また縮小せざるを得なくなるというストーリーがあった。
これで堂々巡りとなる…というのは語り得て妙。
容易に想像できるパターンではあったが、解決策まで考えることが今まではできなかった。
答えは「事業のシステム化」であり、自分がいなくても動く仕掛けをつくることであった。
なるほど。

彼もよくあるケースでめくらめっぽう勢いだけで独立してしまった感があり、とてもとても今後の事業拡大ってところまでは考えられていない。
こういった本を読んでほしいが、最近はビジネス書など読んでいないようだからたぶん読まないだろう。自分で事業を抱えていればそりゃ本読んで難しいことなんか考えたくもない気持ちはわかるし、あまり強くも言えない。
だが、誰か起業家の人が言ってたが、「ビジネスマンで本を読まないのは素振りもしないで試合に出る野球選手と一緒だ」と。
それはそうだなと思った。
だから本を読むことが好きで、今はそれが悠長に許される環境にある俺が、彼の代わりに読み、学習しておき、彼がその段になり、悩んだ際には少しでも力になれればいいかなと。
そうすることが結局は互いに益するわけだし。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-10-12 11:54 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_1142178.jpgDenDenに薦められたファイナンス系の本を探しに本屋へ。
会社からの帰宅途中にいいとこがあるのだ。
と、何だか面白そうな本がある。
結局こっちを購入。
内容が軽かったのであっという間に読んでしまった。

財務諸表の読み方。
資金繰りの現状、対処法。
独自の力の作り方(コアコンピタンスの形成)

為になった。
で、何より。

商品を仕入れても仕入れ代金は売り上げになるまでは『資産』であるってのが面白かった。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-03-20 01:11 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ドラッカー 経営の哲学

b0052811_2041550.jpgこういった本にありがちな物足りなさは感じたが、今まで読んだドラッカーの本と重なるところが多くて復習がてら読むのにはよかった。最近またドラッカーを見直していて、読み返すといろんな示唆を得られることがある。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-02-03 20:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ビームスの奇跡

ビームスの奇跡
ブックオフでたまたま見つけたの買ってみた。

最近酒を飲まなくなって痛切に感じるのだが、もっとお洒落に興味を向けておけばよかった・・・と。
確かに大学生の時はお金がなかった。
高校生の時も勿論。
しかし社会人になり、少しは余裕も出始めたときからもっとお金を掛けようと思えば出来たはずである。
実際は酒ばかり飲んでいて、最低限の服ばかり・・まぁ後の祭りだ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2007-10-20 22:31 | 読書 | Trackback | Comments(0)