b0052811_9273776.jpg

まぁ1秒は言い過ぎだと思うけれど内容はよくまとまってた。
どこかしこに著者の主張なども入っており、基礎知識をもって、まとめ的に読んでおくにはよかった。

最近痛切に感じるが、一段レベルの高い仕事をしていくためにはファイナンス・
会計の知識は必須だ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-07-11 09:31 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_12504524.jpg
こういう本は借りて読んじゃうともったいないなぁ。

税理士さんが書いた本だけあって、税金については
特に書いてあった。
ただ税金についての切実な観点は起業を実際にしてみたり、
企業財務にかかわらない限りは理解することが難しい。


経営者や経営に直接携わるところでの業務とは違うから
どちらかというと『リスク』が目につく書き方だった。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-03-21 12:57 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_938096.jpg


何となく読んでみた。
新しく得られることはほとんどなかったが、会計の内容を忘れないように頭に刺激を与え続けるって意味ではよかった。

会計は切り方次第でどんな姿にもなるだろうし、ただそこが映しているのはどう捉えようが真実であることは間違いがない。
だから著者が違えば、百人百通りの解釈・説明があり、どんな本を読んでもあきないし、面白い。
ま、ビジネスマンである間はって話じゃあるけれど。

しかしそろそろもう一段階上に行く必要も感じてる。
ここら辺の本はすでに漫画レベルで読めるし、それはそれで面白くもあるんだけどやっぱ自分の実力を高めるって意味ではここで留まってたらあかんなぁ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-02-22 09:46 | 読書 | Trackback | Comments(0)

軽い本が読みたかったので手に取ってみた。
案の定さらっと読めて、漫画みたいで面白かった。

キャッシュフロー経営って何なのかさっぱりわからなかったが、イロハのイとして書いてあった。

<ためになったこと>
○製造スピードを上げていくことが原価の引き下げにつながる
○日産のV字回復
○バランススコアカードの具体例
○営業循環過程

全般的に網羅しようとしていたために一つ一つが浅くはあったけど軽く読む分にはよかった。

b0052811_314062.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2009-02-11 03:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)

「俯瞰」でわかる決算書 「できる人」がやっている財務諸表の読み方・使い方

やっと読んだ。
6月くらいにとか考えてたけどもう10月だ。
少年老い易く~やな。

この本はしかし、今時点で読んで正解だった。
仕上げ的にまさに俯瞰でつかんでいくのには良い本だが、ずぼらな俺がもし最初にこれを読んでいたら細かいとこはすっ飛ばしまくってたに違いない。
今よりも深い理解は得られなかったと思う。
ざっくり読みまくってた会計本を頭の中でまとめられた。

こっからはファイナンスだなぁ。

b0052811_23255835.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2008-10-27 23:26 | 読書 | Trackback | Comments(0)

わかりやすかった。
・損益分岐点
・現在価値
そして割引したらどんだけの損を出すか?ってのが書いてある。
10%割引したからって10%売上あげたらええ思ったら大間違いやでぇ~ってな話でなかなかためになった。
そして財務・外向けの会計ではなく、自社のための会計をつけろと。
なるほどぉ

b0052811_2349962.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2008-10-20 23:48 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ベストセラー本を買うことにはいつも躊躇する。が、体調が優れないし、あまり考えるものも・・・ということで寝込む際に漫画代わりに読めるものをと考えて買ってみた。b0052811_10542782.jpg

ほんと寝込んでそこ1時間もかけずに読めてしまった。漫画だ。
ただ面白かった。
「会計は2分の1の世界だ」というのは著者の叫びのようにも思えた。
素直な生き方をしてる人なんだろう。
先日読んだ『3年で辞めた若者はどこへ行ったか?』でも作品中に彼へのインタビューなどが出ていて、リンクして面白かった。

計画信仰というのは実感として”確かに・・・”と思える。
その真っ盛りの会社にいるからだろうが。
寝っ転がってさらぁ~っと読める内容だった。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-04-19 10:59 | 読書 | Trackback | Comments(0)

実学

b0052811_20443956.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2008-04-14 20:44 | 読書 | Trackback | Comments(0)

食い逃げされてもバイトは雇うな
他にも読み途中の本がたくさんあったにも関わらず、勢い購入して読んでしまった。
さすがベストセラー、読み易い。
ほんとに1時間くらいで読めた。

内容は・・・数字とは
○順序性がある
○単位によって意味が決まる
○価値を表す
○不変性がある
という特徴を説明して、これには納得した。

更には著者自身が使ってるという分析方法が7種類載っており、これについては目新しさはないが”会計士もこれくらいで分析してくんだなぁ~”とひとしきり。
何よりびっくりしたのが書いたのは29歳時点とかってことだった。
すげ
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-04-05 11:44 | 読書 | Trackback | Comments(0)

足し算と引き算だけで分かる会計入門
かなり簡単でわかりやすかった。
入門書系ばかりを読んでるけれども簡単さでは図抜けていたかも知れない。
しかし・・会計本にはかなりはまれるな。

今までのすっきりしないビジネスの本とは違い、解決が必ずあるし、何よりまだルールを覚えてる段階なので”あぁそういうことだったのね!”と大学受験を始めたときのような快感にも似た感覚がある。

3月いっぱいはこれに絞って読んでみようか。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-03-02 22:58 | 読書 | Trackback | Comments(0)