すごい人のすごい企画書

めったくそに働いてる、ここ最近。

こんな筈じゃなかった・・と思うも時は遅く。
まぁちょいちょい、やな。

と、新書でも時間がかかってしまい。
ノウハウ本ではあったが、なかなかよかった。

○ベネフィットを伝える

意外だったのが、「良いものをちゃんと良いものとして伝える」のが企画書の役目であり、
「悪いものを良いもののように見せる」のが企画書ではないと書いてあったことだ。
往々にしてそういう風に企画を捉えがちな人も多いけれど、それをちゃんとうたってことに
気持ちよさを覚えた。

b0052811_21541611.jpg


一枚企画だったら、「入れ物に凝る」とか、「一枚でも表紙はつける」とか、「一枚なら思いっきりいい
紙を使う」とかって具体的だな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-11-18 21:55 | 読書 | Trackback | Comments(0)

企画の教科書 2

b0052811_18453461.jpg
漫画みたいな感じで何となく読んでしまった。
特に心に残ったフレーズは・・・ない。
多分今いるところでは企画的要素を求められることがゼロだからだろう。

早く自分の力を生かしたいなぁ~
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-10-10 18:47 | 読書 | Trackback | Comments(0)

おカネになる「企画力」

最近はさすがに去年のように読書もできず。
質より量と読んでいたが、さすがにそうなってくるとそういうわけには
いかず、量より質になってくる。

昔、昔。
受験勉強に突入前に「偏差値50から早慶突破」という本を
頭のいい友達から借りて読んだ。
そのときの著者が和田さんだったので、ふと思い立ち、手に取った。
b0052811_2116560.jpg

が・・・止めてしまった。
企画しようとか考えてる人間にとっては一般論の羅列にしか見えない。
さすがに、これよりは「佐藤可士和の超整理術」とか読んだほうがよっぽどためになる。
いや、あったまいい人がやるから面白い企画になるけど方法としては何も目新しくないし、
こっから入ったら権威の無い人間の言うことなんか誰も聞いてくれませんよ。

と、ついでにウェブでくってみたら、最近は非婚女性に関する著書を書いてたらしく。
「35歳からの玉の輿道」、「勝ち組女の成功術」、「負け組女の逆転勝利術」
ここら辺は逆に面白そうだな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-07-12 21:20 | 読書 | Trackback | Comments(0)

企画書は「1枚」にまとめよ
目新しいことがあったわけではないけれどすっきりと漏れなく企画書を書いていくのに参考になりそうな本だった。
外国人らしい、欧米人のビジネス書の文体らしく、「こうやれば絶対成功する」くらいの調子はちょいと鼻についたが、それでもためになるところも多かった。

良書だと思う。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-03-14 20:07 | 読書 | Trackback | Comments(0)

企画本を読んでみようと思い、探してるときにPODCASTの番組を聞き、よいかもと購入してみた。
で、パラパラと。

この方の文章自体はきついな。
読むのがしんどかった。

中身的には参考になった。
内容自体はうす~いけど、要はこのレベルでも今の自分にはためになるってことだ。
頭整理しとくのに役立った。

ただ今までの経験から本気で大きなクライアントを落としたいならこれ位じゃ見透かされる。
企画書って、企画書くもんじゃなく、本気見せるためのもんだから。
通したかったら・・・・気合いなんだよなぁ~

b0052811_9102072.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2009-03-07 09:10 | 読書 | Trackback | Comments(0)

企画の教科書

企画の教科書

友人に薦められた本。
そもそもは後輩君のために「企画本でいい本ない?」と聞いて、教えてもらったんだけれど俺が読んでみた。

かなりよい本だと思う。
なかなかに的をついたいい言葉が出てきたし。

”企画なんてものは教えられてやるもんじゃない!”と思っていたが、そこの芯はぶれないものの、そもそも小学生が九九覚えなきゃ、足し算覚えなきゃ、何も始まんないのと一緒でこういうのもありかな、と。
こういった類の本をまとめて読みたくなった。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-02-24 22:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)

図で考える人の図解表現の技術―思考力と発想力を鍛える20講
丸と矢印ですべてを表現しましょうって内容だったが、この跡に受けたマインドマップの講座でそっちのほうがよっぽどしょうにあっており、まったく使ってない。
まぁ仕事の書類作るときには多少使えそうな内容ではあった。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-02-03 17:25 | 読書 | Trackback | Comments(0)

企画書は1行

かなりためになった。
感銘を受けた本といっても憚り無いだろう。
川渕チェアマンのとことか読んでてTa2に持ってってやろうかなとか考えた。
[PR]
by makoto_nakamu | 2006-11-06 00:35 | 読書 | Trackback(1) | Comments(0)