同僚にコンサルタント志向の人間がいたため、大前さんだとかの話になり。
自分が刺激を受けたコンサルタントって・・・と遠藤さんを思い出した。
二度ほど講演会で話を伺ったことがある。
と、同時に、そう言えば、書籍は一冊も読んでなかったなぁと思い出し、読んでみた。

b0052811_18433585.gif


講演会で聞いた話と同様、泥臭いところから構想を練っていく姿勢が十分に伺えた。
ビジネスは[多様性・進化性・非再現性]をもったものであり、故にセオリーが
通用しにくいものだという定義から始めるのは当たり前のことではあるが、
言葉にされると認識が改まった。
それでいて最後には「常識を疑うためにはまず常識を知らなければならない」とも言ってる。

以前に聞いた講演会で遠藤さんやその考え方に触れたときに思ったことは
『本質』を突き詰める姿勢であり、その部下のコンサルタントの方がおっしゃってた
「コンサルタント業は知の格闘である」というのには圧倒された。
がらっぱちな口調で話されるが、奇をてらうばかりでなく、地道に積み重ねた上でモノゴトを考えていく
仕事をやられてきたであろうし、言葉裏からも滲んだ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-07-20 15:52 | 読書 | Trackback | Comments(0)

5分で人を見抜く

よかったとことしては文庫本は後ろポケットに入り、時間の隙間に読むことが
出来るというのがわかったことか。

b0052811_7471625.gif


こういうのってノウハウとして提供しようとすると安っぽくなるなぁ。
結局はインスピレーションとか言ってるし。

当たり前か。
そもそも人間は人と人との間。
関係性こそが真実なんだし。

エッセイとかで小出しに”私はこう思う”的に書かれたほうがよっぽど為になる。
この方の得意ジャンルでのノウハウ本はよかったので期待し過ぎてたな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-05-30 07:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_20291837.jpg


あまりに面白くなくて途中から飛ばし読みしてしまった。
年→月→日 と目標をブレークダウンして云々。
まぁ・・・やろうと思った時が吉日だなぁと。

しかしこういうことでもないなぁ俺が求めてるのは。

手帳、買いなおしたいなぁ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-04-30 20:31 | 読書 | Trackback | Comments(0)

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング

読んでみた。
直接は知らないが、学校の先輩でもあり、
何か感覚的に得られるものはあった。
どうしてもノウハウ系は苦手だから事細かに覚えてはいないが、
何個かは覚えてる。

○高額なセミナーにも参加しろ。
 情報を金で買う、良質な情報は金で買うということ。
 なかなかやってない人間が多いだけに、これこそ力を持つ。 
 ・・・確かにと思う点もあり。
   ただ無料でも良質なものもあり、一概には言えないとも思った。
   そう『一概に』モノゴトを判断することこそが危ういと思うし、
   俺が思う”アホな人間”はそういうタイプだ。
○ゴールドカードはサラリーマンのうちに作っておけ。
 ・・・もうちょっと自分をマネジメントできるようになってからかな。。。
   まぁ独立したてのころよりもサラリーマンのうちが信用があるってのは
   その通りだろ。今の会社だとほんっとそれだけがメリットだけど
   同僚の話聞いてても銀行が喜んで金貸してくれるらしいし。
○場を提供されるより、提供する立場に立て。
 ・・・あ、これ確かに。
   最近イベントとか開催するようになってから
   特にわかるようになってきたなぁ。まぁ前から知ってたのか。
○初対面の人と会うときにはお付きの人を同行させる。
 ・・・あぁこれはKnb-に教えてやろうと思った。
   俺とか使えばいいのだ、その場で。
   ”こういう人を連れてるから安心・信頼できる”って。
○直接電話に出ない。携帯番号は名刺に書かない。
 ・・・そうだなぁ確かに。
   格好のよい万年筆とかで携帯番号を名刺に書いてあげると
   それが一つのプレゼントにもなるよな。
   まぁ俺、字がキレイじゃないけど。要は心やし。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-04-29 17:11 | 読書 | Trackback | Comments(0)

佐藤可士和の超整理術

b0052811_16553556.jpg

出版された当初話題になっており、いつか読もうかなぁと思っていて。
機会があり、読んでみた。

整理マニアっているんだよなぁ、と。
書かれているのは一見普通に見えるが・・実行できないこと。

今いる家のことを思いながら読んでいた。
長年の蓄積と広いスペースから全く使わない物がやったらとあり。
ある意味贅沢なことじゃある、この土地無し東京で。
しかし無駄が多過ぎる。

反対に今仕事してるところは、プロジェクト単位での業務なので
1PJT毎に異動があり、そこでのデータはすべて消去していくので
無駄は一切無く。
これはこれで正味無味乾燥。

両極端で実行できる余地が少ない。
ただこういうことが世間では求められるような内容なんだろうなぁ、と。
それが実感できたことが最大の価値か。

デザイナーが書いたビジネス本か。
如何に世間が新しい価値を求めてるのかがよくわかる。
特効薬はないと知りながらも違う角度から同じものをみることで
何かを得たいんだろう。

それは俺もそうか。
だからこういった本を手にとった・・・というより、
心情としては流行が知りたかったってとこかな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-04-26 17:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)

初対面の教科書

b0052811_4383560.jpg


この本を読んだ最大の成果は、実は自分が初対面が苦手だという事がわかったことだ。

人と初めて会う時には、緊張してしまうので相手のことを意識しないようにしてた。
営業ズレして、何か一回一回の出逢いをないがしろにしてるのは感じていたが、矯正もできずにそのままこの何年かを過ごしていたように思える。

相手へのリスペクト。興味。
事前の情報収集。

そうだよなぁ。

次から次に襲ってくる現実ってのはあるから、全ては無理にしても実行できるところから改善してこう。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-03-31 04:44 | 読書 | Trackback | Comments(0)

使う力

b0052811_2014350.jpg


読みやすかった。
具体的に使いやすいように、使う力が書いてあった。
しかし借りてきた本でもあったので折り目を入れられず…あまり覚えていない。

ノウハウ的に書いてある本は買わなきゃ駄目だなぁ。
覚えるの苦手だから。

一点、今自分が意識してる見解と一緒だったところが、
「企画ができる人間はあらゆる会社で不足してる」というところだ。
ここは最近になり、痛切に感じ、鍛えなおしてる。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-03-14 20:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_11385312.jpg


平野さんがブログで紹介されていたんで何となく読んでみた。
特別起業する意図とかもない現況においてあまり響くものもなかったが、『起業家』『職人』『マネージャー』というキーワードで説明してたのはわかりやすかった。
確かにプレーヤーのままではいけないよなぁと。
生真面目なタイプが最も陥りやすい間違いだろう。

起業してる友人のことを考えながら読んだ。
彼はまだ自営業の段階であり、一人でほぼ全てを行ってる。
しかしこの本に出てくるように必ずや成長に伴う問題に見舞われるだろうなと。
職人でいたければ組織に属して働いていくしかない。

本の中でパイ職人の主人公が独立して最初は楽しかったが、そのうちに事業に追いかけ回されて夜も寝れなくなり、経理などで人を雇いその仕事を分担することで事業を大きくする。しかししばらくしてその人に逃げられてしまったために、また縮小せざるを得なくなるというストーリーがあった。
これで堂々巡りとなる…というのは語り得て妙。
容易に想像できるパターンではあったが、解決策まで考えることが今まではできなかった。
答えは「事業のシステム化」であり、自分がいなくても動く仕掛けをつくることであった。
なるほど。

彼もよくあるケースでめくらめっぽう勢いだけで独立してしまった感があり、とてもとても今後の事業拡大ってところまでは考えられていない。
こういった本を読んでほしいが、最近はビジネス書など読んでいないようだからたぶん読まないだろう。自分で事業を抱えていればそりゃ本読んで難しいことなんか考えたくもない気持ちはわかるし、あまり強くも言えない。
だが、誰か起業家の人が言ってたが、「ビジネスマンで本を読まないのは素振りもしないで試合に出る野球選手と一緒だ」と。
それはそうだなと思った。
だから本を読むことが好きで、今はそれが悠長に許される環境にある俺が、彼の代わりに読み、学習しておき、彼がその段になり、悩んだ際には少しでも力になれればいいかなと。
そうすることが結局は互いに益するわけだし。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-10-12 11:54 | 読書 | Trackback | Comments(0)

出会いの大学

人間関係の育成が安くなったなぁと感じる、最近。

「人脈」って…言葉を使うと安っぽい。
もちろん著者はそれを承知で書いてはいるんだろうけれど。

b0052811_22185310.jpg


記号だな。
現代人ってのが。

生き残れるのは、でも違うな。
生きるってこと。
大事なんだけどな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-09-17 22:18 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_2359027.jpgやっぱ人間中身だな。

やっと読んだが、読み始めると早かった。
直接平野さんの話を聞いてたからかぶる部分も多く、けど何よりその人柄が随所に垣間見えて素直にそう思った。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-08-08 00:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)