マンガの創り方

b0052811_8444419.jpg

[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-31 08:44 | 読みたい本 | Trackback | Comments(0)

b0052811_1231999.jpg著者のブログを見ており、何となく読んでみた。

論調は一緒で、語ってある内容もほぼ同じであり、目新しい発見はなかった。

営業職に対しての著者の主張が描かれており、また今後の会社ではそういうセンスを持った人のみが
勝ち残り、貢献していける人材になる云々だ。

昔営業職について迷ってるときに著者の『基本のキホン 営業力を大きくアップさせる
小さなヒント47』を一々頷きながら読んだ。
ただ一抹の違和感を感じてもいた。

それが今回で何か決定的になった。
何かが違う。
うまく表現できないのだが、何かが違う。
b0052811_1291634.jpg
こういう定型化した営業のスタイルをもう求めていないのだ。

モノでも何でもそうだと思うが、最初は何でもいいから必要だから買う。
そしてそれが段々とレベルアップして品質がいいもの・価格が高いものを求める。
そのうち最終的には、自分専用・オーダーメイドの何かが欲しくなる。
それが必然的な流れだろう。
だからそれが例え品質がよかろうと、見栄えがしようと、それ故に高かろうと安かろうと
買わせるようなセールスってのを俺は求めていないのだろう。

「これじゃないと駄目」
そういうセールスを求めてるのだろう。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-31 01:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)

b0052811_1336599.jpg
プロジェクト先の上司に薦められて読んでみた。
その会社一筋20年くらいの尊敬できる人だったから素直にお借りした。
中にあったウェブサービスはやってないから本質的には50%も意味がないかも知れない。
ただ”強み”を生かせってメッセージは、特にそれを全く生かせていないと思える最近に
対して渇を与えるには十分だった。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-29 13:39 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Bon Jovi:Always

This romeo is bleeding
But you cant see his blood
Its nothing but some feelings
That this old dog kicked up

Its been raining since you left me
Now Im drowning in the flood
You see Ive always been a fighter
But without you I give up

Now I cant sing a love song
Like the way its meant to be
Well, I guess Im not that good anymore
But baby, thats just me

And I will love you, baby - always
And Ill be there forever and a day - always
Ill be there till the stars dont shine
Till the heavens burst and
The words dont rhyme
And I know when I die, youll be on my mind
And Ill love you - always

Now your pictures that you left behind
Are just memories of a different life
Some that made us laugh, some that made us cry
One that made you have to say goodbye
What Id give to run my fingers through your hair
To touch your lips, to hold you near
When you say your prayers try to understand
Ive made mistakes, Im just a man

When he holds you close, when he pulls you near
When he says the words youve been needing to hear
Ill wish I was him cause those words are mine
To say to you till the end of time

Yeah, I will love you baby - always
And Ill be there forever and a day - always

If you told me to cry for you
I could
If you told me to die for you
I would
Take a look at my face
Theres no price I wont pay
To say these words to you

Well, there aint no luck
In these loaded dice
But baby if you give me just one more try
We can pack up our old dreams
And our old lives
Well find a place where the sun still shines

And I will love you, baby - always
And Ill be there forever and a day - always
Ill be there till the stars dont shine
Till the heavens burst and
The words dont rhyme
And I know when I die, youll be on my mind
And Ill love you - always

陽だまりの中、ぽかぽかと。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-23 13:03 | 映画・音楽 | Trackback | Comments(0)

ものの価値

昨日仕事中に、ふと思った。
”サーバーって安いよなぁ”と。
こんだけの装置だのなんだの付けまくって、更にこんだけの労力をかけまくって、
でこんだけの情報量が付加されてるのにこの値段。さらには値下げするし。

そもそもあんまり値下げするような商売をしたことがない。
値下げしなきゃ売れないようなものは売らなかったし、
値下げすると売れなくなるってものが多かったから。

一方で、昔、『金-Gold』を売ってたときを思い出した。
あのときは、まるで『現金-Cash』をおもちゃのように扱ってた。
金に比べると、安く感じてた。

サーバー<現金-Cash<金-Gold だが、まぁ人様のお役に立つものってことになると逆だろう。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-23 07:19 | ふっと | Trackback | Comments(0)

b0052811_2328266.gif

[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-21 23:28 | 読了 | Trackback | Comments(0)

12月21日

もうあのパーティーから一年かぁ~。
早いなぁ。

結局あのパーティーで出来たのは、あのカップルで。
まぁいいことしたのでしょう。

先週久しぶりにdressに行ったが、まぁかの店にも少しは恩返しができたのかと。
今年もやって欲しがってたけれどスケジュール的に無理だった。

さてさて。
来年はどんな年になるのか。
もっと成長、か。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-21 23:04 | ふっと | Trackback | Comments(0)

謙虚な後輩

オラオラ系の会社の営業に属していたのにも関わらず。
そんな彼の言動に自身を省みた。

俺も戒めねば。

ただ経験の分だけモノは見える。

立ち止まらずに進みながら。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-21 22:58 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

何となく行ってみた。
遊び& で。
Linkd-inでメッセージしといたし、まぁ初期の目的は果たしたような。

しかしすごい人だったなぁ。
今回は、でもあんまり面白くはなかった。

次の日に検査控えてて、、、、
くじにも外れちゃったし。

b0052811_22451422.jpg

まぁ継続ですね、何事も。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-21 22:45 | イベント | Trackback | Comments(0)

ブックオフにあったのでつい買ってしまう。

最近出てるビジネス本は、申し訳ないが、中古本で十分に間に合うものが多い。
雑本が多すぎる。
知り合いの方々が多数出しており、てめぇにその能力も無い横から見てる人間が
そういうことを述べるのは憚られるけれど正直にそう思ってしまう。

貴重な体験談かも知れないけれど文章力がついてってなかったり、
内容が誰かの金科玉条のパクリだったり、
会社や何か恣意的な宣伝だったり。
今回は全てに当てはまって外れだったようだ。

まぁ救いは、軽いものが読みたかったので最初から期待してなかったことかな。

b0052811_17402321.jpg


ドラッカーの思想書・経営書は何冊か読んでいるが、それを腹に落とし込めてるかというと
とてもじゃないけれど出来ていない。
そういった意味では、それをちゃんと実践に生かせてる著者の経験はすごい。
やはりマネジメント層に向けてのメッセージが圧倒的に多いのだなぁということを
改めて感じもした。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-12-20 17:42 | 読書 | Trackback | Comments(0)