カテゴリ:人( 8 )

お祝い

中山さん、森本君のお祝い。
楽しかった・・久々に清々しく、気持ちよかった。

おめでとう。
大変だと思うし、これから先に何が起こるかはわからない。
しかしこの瞬間だけでも決断した、そのことに感動を覚ええない。
森本君はすごい。
「今この瞬間、日本で一番いい男だぜ」ってのは、決して言い過ぎではなかったと思う。
そして、その森本君にそこまで思わせた中山さん。
これもすごい。
やはりアスリートは違うな・・。
身体能力も普通の女子の30代、どうかすると20代なのかもしれない。
自分の子供にも何かスポーツをやらせたい・・・と改めて思った。
女子はまぁ・・考慮するにしても、男子はマストだな。

中山さんと友達になってから、もう5年くらいかぁ。
そこまで濃い感じでもなく、Facebookイベント、ランニングイベント、そして勉強会。
何かと会う機会は多かった。
森本君もその節紹介され・・まさかここまで来るとは。
その間、自分の人生もいろいろあったなぁ。
本当に、他人事ながら嬉しい。
いい酒を飲めた。
俺まで前向きになれた。

[PR]
by makoto_nakamu | 2016-06-12 09:35 | | Trackback | Comments(0)

かっぱ

世の中を斜めに見て、
何もせずに ちょっと選ぶって見せる。

動かない現状を肯定したい人・・・のようにも見える。

間違いなく、この6年。
俺は成長した。し続けてる。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-09-15 14:31 | | Trackback | Comments(0)

固定観念に縛られて、惰性で生きる。

・・昔は、俺もこうだったのかな。

努力して生きることを否定して、
目の前の成長のチャンスを無視し、
現状を肯定するための材料ばかりを集める。

最後は思いっきりスルーしたし、
今後 付き合ってくことは無いだろう。

得られたことは。
未だにこんな人がいるんだ・・・ってことかな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-09-15 08:53 | | Trackback | Comments(0)

サマンサ・バークス

映画版『レミゼラブル』で、エポニーヌ役を演じた人。

圧倒的だった。
どうやら新人だったらしい。

意気込み や 気合い が伝わって来たからだろうか。
歌がすごかった。
引き込まれたもんなぁ・・・。

外国人の歌にあんなに引き込まれたのは初めてじゃないだろうか?
[PR]
by makoto_nakamu | 2012-12-22 09:37 | | Trackback | Comments(2)

Yazawa

SONGS、先週見て、今回を知り。

熱いなぁ、熱いもの持った大人でいたいなぁ。
いれるかな。(笑)

「18,9~25くらい、人生迷う時期だよね。
 けど、それがキレイなんだよね。」

いい顔した、イイ皺もった大人になりたいな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2010-03-11 01:13 | | Trackback | Comments(0)

人間はある年齢を超えると毒を持ち始めるような気がする。
そしてそれを浄化するものは、各々違うのかもしれないけれど
女性であれば子供のように思える。

ストレス社会を生き抜くのには、自然人のまま過ごすのは不可能だ。
そこに自然はない。

もし自然があるとすれば、それは、『人』にしか感じることができない。
そして人にはいつもいろんな余計なものが含まれている。

高速度に回転し続ければ、あるいはそれに答えを見つけ、
浄化してけるのかも知れない。
男、仕事、生存につながる何か。
しかしそうでなければ溜まり溜まったものが己を蝕んでしまうのではなかろうか。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-10-18 10:15 | | Trackback | Comments(0)

辰吉

たまたま家に帰り、夕食食べてトレーニングに行こうかどうか迷ってるときに
テレビをつけると辰吉を写してた。

知らない世代も増えてるよなぁ。
番組の中で、安っぽく『伝説』とか連呼してたけどそれを超えてるもんなぁ。
出てる人間も呑まれてた。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-05-30 04:48 | | Trackback | Comments(0)

リーダー

ある企業の社長に、ばったりビルのエレベーターでお会いして。

ちょうど経団連の副会長に選ばれた記事を見た後だったからかも知れないけれど”どきっ”と。
自分では相手が誰だろうと怯まない、そんな気概くらいはもってるつもりだったけれど…やべぇ、怯んだ。

衰退とかってのに皆が異常に敏感になってるこの感傷国家の中で、唯一と言ってもいいくらいイケイケ感のあるとこ。
そういうの好きなんだよなぁ。

しかし同じ立場に置かれたとき自分がその決断を下せるか?
攻めれるか?
前任者と同じことをして無難に過ごしたほうが楽じゃないのか?

俺にはできないだろう。
悔しいが、俺にはできない。
どんなに衰えていったとしてもまだ食べていけ、住むところもあり、きれいな服を着れていて、
それでいて自分以外にいろんな人間の責任を負えば、逃げることを考える。
無難にやり過ごすことを考えて、もういよいよ駄目だ・・ってとこまで行くだろう。

やらなきゃいけない時がある。
そしてそれを見定め、遂行するのがリーダーの役割だと思う。
言い訳してる間に…時は過ぎてくな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-01-24 14:20 | | Trackback | Comments(0)