お陰様で…というのは、こういうときに使う言葉。
子供の成長を感じて、ひとしきり。
[PR]
by makoto_nakamu | 2016-11-06 10:29 | 家族 | Trackback | Comments(0)

嫁からのプレゼント

とにかく欲しかった夏物の私服。
適当なものが無くて、つい買いそびれてしまっていたが、
ついぞ昨日。
帰りがけに、しきりに嫁からの電話。
帰ってきてくれ、と。

何だろうか?
何かあるかも・・もしかして。
予感は的中。

嬉しいなぁ。
疲れてしまってたんで、試着ができなかったけれど。
今までもらったものの中でも一二を争うほど、嬉しいかもしれない。
大事に着よう・・・というより、着倒そう。
めっちゃ大活躍することでしょう。

[PR]
by makoto_nakamu | 2015-08-06 05:52 | 家族 | Trackback | Comments(0)

女子を育てるということ

できた女子、22歳と話していて、気が付かされたこと。
この子くらいに育ってくれれば上出来だなぁと思い、話を聞いてた。

女子はお父さんがどれだけ構ってくれたかが重要だ、ということ。
そういうことを覚えてるらしい。

男兄弟で育ったし、さらに必要以上に『男子たるもの』を押し付けられたので
親父には辟易していた。
いや、もちろん 尊敬はしてるし、感謝もひとしおなところもあるのだが、
子供には あれは押し付けたくないな・・・と。
だからちょっと遠慮してたところがあるのだが。

もっと遊びに連れてってあげたり、勉強見てあげたりしなきゃなぁ。


[PR]
by makoto_nakamu | 2014-11-10 06:43 | 家族 | Trackback | Comments(0)

いい一日だ

b0052811_23264378.jpg
言葉が他に浮かばない。
走ったな・・何気に。
150キロくらい?  と思って、調べてみると。
往復 200キロくらい。
http://urx.nu/b5kb
面白かったなぁ。

思いもかけず・・・か。
今度はもっと計画的にしてあげないとな。





[PR]
by makoto_nakamu | 2014-08-17 23:30 | 家族 | Trackback | Comments(0)

子供の勉強

くだらない精神論はいらない。

”やる気”になったら。
そのときからだと遅い。
いやでも何でも詰め込んでおかないと、そのときに発揮できない。

貯金が大事なんだ、そのときまでに。
いざってときに発揮できるものは それまでに蓄積されてたもの。

もちろん やる気は大事。
しかし ストレスなく過ごしてきて、それでもがんばれ ってのは土台無理な話。
ストレスがあるから フリーな時間がある。
ファインな時間がある
マイナスがあるからプラス、雨があるから晴れ。

そして それを作ってやれるのは大人の力。
[PR]
by makoto_nakamu | 2014-07-05 12:41 | 家族 | Trackback | Comments(0)

宮参り_The 3rd

3回目となると 慣れたものだ。
それほど 気負うことも無く。

上の2人は騒ぎまくり、はしゃぎまくり、動きまくり。
天気がよかったのが何よりで。
前日までは 嵐の予報と裏付けるかのごときに雨風。

朝から写真を撮り、そのまま 明治神宮へ行く。
食事をして。
そのまま 途中で降りて バイトする。

覚悟がますます固まる。
ここから もっと伸びるぞ、上がるぞ、楽しむぞ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-04-08 00:21 | 家族 | Trackback | Comments(0)

中野サンプラザにて。

留守番の予定が、一緒に行くはずだった嫁の友人は子供が熱を出しだそうで
来られないと、と急遽ピンチヒッター。
子供達が喜んでくれたのは何よりだった。
b0052811_093894.jpg

笑顔がこぼれてた。
こんな俺でも子供の笑顔はやはり嬉しいし、可愛い。

嫁曰く、
「子供達の劇とか歌ってのは『正・陽』だけで『負』の要素が全くないから気持ちを
洗い流される」と。
確かに。
人の気持ちの陰とか負とかばっかり追ってる毎日だからなぁ。
それが全く無いこと=嘘 だとしか思わないってのはその時点で病んでるよな。(笑)

子供が乗りたがってたBUSに乗り、マクドナルドでハッピーセット。
買い物して、帰宅。
元気になるよなぁ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2010-08-24 00:17 | 家族 | Trackback | Comments(0)

勉強して何になる?

勉強しても何にもならないかも知れない。
けれどひとつ確実に言える事は『勉強しなければ何もなれない。スタートラインにも立てない』ってことだ。
それだけ厳しい社会に俺たちは立ってる。

それがわかってるか、わかってないかってだけの話だ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-04-19 17:29 | 家族 | Trackback | Comments(0)

自分を支えてくれるもの

一人じゃない。
もう一人ではない。

ずっと一人だった。
自分自身とまず戦わなくてはいけなかった。
一生懸命前を向いて進もう、進もうとしていないと進むことができなかった。そして進むことでしか生きていくことができなかった。
まるでバイクのように。

今は違う。
すべてを支えあっていけるパートナーを得た。

戦うことに意味が出来た。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-02-18 23:59 | 家族 | Trackback | Comments(0)