10年前の理想

最近、海外 シンガポールで働くチャンス だとか、
外資系企業での広告業務 だとか、
10年前の自分だったら、全てを捨ててでもチャレンジしたかったことが
向こうから舞い込んでくる。

10年前の自分が持ってなくて、今の自分が持ってるもの。
 ●英会話能力
 ●PC及び情報ツールに関数処理能力
 ●社会人としての基礎能力
これらを手に入れた結果、必然的に寄ってきてるのだろう。
そういえば、10年前の俺は、
 ・パソコンが自由自在に使えて、
 ・英語がペラペラで、
 ・経済に明るい
なんてことを余裕でできたらカッコいいなぁと思ってた。

今は全てができる。
あの頃は、遠くに感じてたことも、意外にできるものだ。
それも意識せず、わりと簡単に・・。
努力はしたのだろうが、覚えてないし。
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-10-27 00:20 | | Trackback | Comments(0)

You have message

ヘビィな一日だった。
ヘトヘト。
救いは、盆休み期間で、業務が軽かったこと。

仕事中に、問い合わせメールが英語であり、
それに答えてたが、しんどかったぁ。

プラス 帰りに、ミーティング。
内容はプラクティス 。
これは、ある意味、ラッキー。
次回のインタビューのために、エージェントが行ってくれた。
ためになった と 同時に、全然ダメな自分に気がつかされ、、、
凹む。

ただ、ミーティングを終えて、帰りがけに
彼から言われたこと。
"You have a message"。
そう、俺には伝えたいことがある。
熱い気持ちがある。
いじけることなく、くじけることなく、
前向いて頑張っていこう。
先ずは、上手く自分を表現していくことだ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-08-17 06:55 | | Trackback | Comments(0)

総じて、だから夢は

成長し続けること。

40になっても、
50になっても、
トライアル&エラー を繰り返して走り続けること。

More
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-04-30 21:32 | | Trackback | Comments(0)

夢はなに?
これって、結構うっとおしい質問だと俺は思っていて。
でもそういうこと言うと、周りからやな顔されるから誤魔化していて。

夢?ねぇよ。
あるのは、「目標」と「目的」だけだよ、と。
逆説的なんだが、だからこそ夢見がちなことばっか言ってるのだが。

More
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-04-29 16:10 | | Trackback | Comments(0)

人は、何をしてるか? で見られるべきでない。

その人を決めるのは、
「何を見てるか? 何を目指してるのか?」だ。

たこ焼き焼いてようが、
トレーディングで何億動かしていても、
大工やってようと、
そいつを決めるのは 何を思いそれをしてるかだ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-03-13 14:00 | | Trackback | Comments(0)

何かを成すために仕事をしてる。

25階のビルの中で揺れる室内。
たった数分のことだけれど絶望に似た感覚を味わう。

子供のことを思う。
職場の人間を見て、こいつらと一緒には死にたくないなと。

一緒に死にたいとさえ思える人たちと仕事がしたい。
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-03-12 11:48 | | Trackback | Comments(0)

さる高名な寺の住職。

思えば相当プレッシャーはかかっていたのか。
自分の行動を振り返っても最近はおかしなことばかり。
ただ今日行ったことで、随分とすっきり。

「チャレンジすること」
これが今日掴んだ一番大事なことだ。

前向きに時間を過ごすこと、
暇つぶしは無駄だ、と。

自覚はしてたが、改めて認識し、己の行動を振り返る。

例え、嵐の中、風が吹き荒び、雨が降り荒れていたとしても
動いてさえいればそれは進んでる。
動かないことには進まない。

昔の記憶に縛られて、動くことが恐くなってたのは否めない。
[PR]
by makoto_nakamu | 2011-01-16 23:06 | | Trackback | Comments(0)

イメージとバランス

”夢って何ですか?”
よくある質問だ。

そもそもそんな言い方が嫌い。
人を操る術にも思えるから。
そして昔は愚痴に聞こえてたから。

人生にあるのは『目標』『計画』。
そもそもそれを思いついたときに、実行できる術を自身でイメージしてるはずだから
それをプロセス化して実行すればいい。

だから一番大事なのは『イメージ』だと思う。

「あのときにあぁすればよかった」
そんなことを言いたくなくて、幼稚な夢でも実践してみた。

六本木でバーテンやってみたい、
世界中を放浪したい、
日本を好きなように旅したい、
バイクで北海道に行きたい、走り回りたい。
それでいて一流と呼ばれる企業で働いてみたい。
ちゃんと結婚もして、ちゃんと家庭も持ちたい。

結果、最後の家庭以外で得たものは”瞬間の満足”と”空虚”だった。
もう一つの大事な要素、『バランス』が欠けてたからだ。
人生には『イメージ』と同時に『バランス』が必要だ。
現実≒経済から算出されるリスクとそれのコントロール。

わかっていても走りたいときがあり、走った。
バランスを後回しにして、イメージのままに走りたいだけ走った。
結果バランスを崩した。
ただそのバランスは10年かかったが、取り戻せた。
今度は逆にバランスを重視して対応してくべき時なのだろう。
イメージは後からついてくる・・・かな?
[PR]
by makoto_nakamu | 2009-10-24 05:34 | | Trackback | Comments(0)

海運王

オナシスの話を読んでいて。
彼は電話の交換手の時に出世のチャンスをつかでいる。

…待てよ?
カーネギーもそうだな。

人の知らないことを知る。
”勝つ”ための定石だな。

成り上がるマインドを持ち、モノゴトを見ていれば有効な情報が見つかるってことであり、人には見られないところで動く…ってことだろうな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-11-15 21:21 | | Trackback | Comments(0)

さて

何やろうか?
とりあえず格好良くなろう。
あの頃憧れてた人たちは外見ばっかだった。
だからあの場所は離れた。

外見も中身も磨こう。
[PR]
by makoto_nakamu | 2008-11-01 06:17 | | Trackback | Comments(0)