カテゴリ:ふっと( 163 )

横浜勤務

こんなことくらいで…という呵責があった。

しかし最近気がついた。
あれ?俺は100時間の残業してる? 

過労死自殺してるのが、100時間超と聞いていて、40時間超くらいの自分が申し訳ないなぁ…と思った。
ただ、近所での勤務時との差し引きでは月50時間超の通勤時間が発生してることに気がついた。
合計すると、100時間超…そりゃしんどいわな。

日野に通ってるときは、そもそもの業務が軽く、後半には残業もほぼ無くなっていった。
といって、やはりきつかったことを覚えている。

不毛だ…。
勉強に追われていたことが、帰って幸いした。
気がつかなかったし、電車内でもわずかながらら勉強もできた。



[PR]
by makoto_nakamu | 2017-09-21 13:02 | ふっと | Trackback | Comments(0)

昨日ふと思った。

愛する家族がいて。
経済的に困ってるわけでなく。
仕事はしんどいが、面白いし。何より成長を感じれてる。
そして、勉強に打ち込める。

浪人のときに感じた充実感。
ロメオにいたときに感じた情熱。
初めてのフルマラソンを走り切るまでの気持ち。
それ以来の感覚かも知れない。
大きく人生が変わってくのかも知れない…。
変えよう、変えようと足掻いてたときに上手くいかず。こういうときに、意外に進んでいくものなのかな。


[PR]
by makoto_nakamu | 2016-10-22 08:16 | ふっと | Trackback | Comments(0)

しかし汚い町だねぇ。
ただ家族がいるからさぁー。仕事があるからさぁー。
ところで、田舎に帰らないの?
でも、東京が好きだから。
[PR]
by makoto_nakamu | 2015-06-21 12:52 | ふっと | Trackback | Comments(0)

THINK

目をそらされてるような気がしてならない。
大きな社会の動きから。

小さな悪など どうでもいいとは言わないが、
そのせいで見逃される巨悪があれば・・その弊害たるや。
小銭泥棒を問いつめる1時間。
銀行強盗を問いつめる1時間。

いや 悪とまでは言わないが、考えなければいけないこと。
真剣に 未来に関わること。
自衛権、TPP、アジアとの関わり・・。

アンテナをはれ・・外に向けて。
もっと 英語の情報やアジアからの情報に敏感になれ。

[PR]
by makoto_nakamu | 2014-07-21 04:05 | ふっと | Trackback | Comments(0)

メッセージに含まれるニュアンスといった曖昧さであったり、
個別の事例による具体性などといった ものがエッセンスだけにされてしまう。

前提としてあるものが 貧しければ エッセンスも貧しい。
豊かであれば、あるほど エッセンスに含まれる内容が洗練される。



[PR]
by makoto_nakamu | 2014-07-20 08:59 | ふっと | Trackback | Comments(0)

最近まで 戦前世代の作った強固な「日本」の旧構造を
団塊世代が引き継ぎ、盲目的に強固にしてしまった。

・・その事実にばかり、囚われていた。
しかし ふと。
今のままだと その 使えない旧構造を より強固にして、
次世代に引き継ぐだけだなと思いなおす。

せっかくのウェブの世界。
新しい構造を創れるところ。
無知は罪である・・・が、、知らない人間でも直感的に使えるものこそ
正義である。
ただ この論理も作られたものであり。
など・・観念的な物事は置いておいて。

真の新しさ を構築してける場所であり、組織を作っていける。
一番大事なのは、作る側か作った上で動かされる側か。
[PR]
by makoto_nakamu | 2014-05-05 08:08 | ふっと | Trackback | Comments(0)

どんどこ 企画の話が流れてきて。
何と何を組み合わせればいいのか、ちょっと悩む。

・英語
・ウェブマーケティング
 ソーシャルメディア
 +
 Something
 ×
・勉強会
・イベント

公式としては、こんな感じかなぁ。
[PR]
by makoto_nakamu | 2014-03-05 21:34 | ふっと | Trackback | Comments(0)

GQでの記事を読んで

これからの男の服ですか? ジェンダーはもっと多様化、複雑化するでしょうね。世界で一番はじめに「草食系男子」に到達した日本ではもうなんでもOKでしょう。歌舞伎十八番の「白波五人男」は、男の歌舞伎役者が、武家の娘に変装した弁天小僧菊之輔を演じるというもので、二重三重にジェンダーの遊びがある。実は日本はジェンダー的には相当高度な国なんです。

これからは、その人が発見したその人なりの男らしさが重要になるだろうし、男が自由になるツールとして服を選ぶときに自分の男らしさをみつけていくことがポイントになるでしょう。まさに、マインドの問題ですね。

響くな。

画一な”男らしさ”でなく、『自分の男らしさ』。

確かにそうなのだろう。

それはすなわち、自分のルールってことだろう。

それぞれの自分のルールに従って生きていく。

http://gqjapan.jp/10th-anniversary/


[PR]
by makoto_nakamu | 2014-01-13 08:05 | ふっと | Trackback | Comments(0)

映画について考えたとき

えぇ?自分以外にも これ好きな人がいたの? 周りに。

と、知ることができるのは SNSの妙。
mixiカルチャーのときは ハンドルネーム故に 
リアルとの融合・共感も少なかった。
しかし Facebookカルチャーが蔓延して来てからは
本人を認識出来るが故に 共感の度合いも強く。
リアルを感じることもできようになってきた。

これが今後マーケットとして育ってくことは間違いない訳で。
個々では小さくても その影響力は強くなって来るのだろう。
そして それは決して 不快なことではなく。
好きなこと 好きな情報が、正のスパイラルで どんどん増えていくだろう。
さらに 進化していく。
なんてことを、ふと考えた。

ヴァーチャルな空間が作り出す可能性。
ポジティブな仲間を増やし、ヴァイラルさせられる。
そういうのは楽しいな。
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-12-15 12:04 | ふっと | Trackback | Comments(0)

仕事とプライベート

仕事×プライベート。
精神の健全性、他者との関係性を良好に保ちつつ、
自分が快適に感じる時間を増やすことが一番大切。

と、思ってる。
そして それにどう活用出来るのか。
全てのアイデアをそのために・・というのは僕だけなのだろうか?
[PR]
by makoto_nakamu | 2013-11-07 03:56 | ふっと | Trackback | Comments(0)